トムブログ

海外営業と趣味を通して、昨日よりも良い今日を探求

MENU

人間の次のステージは何か?  幼年期の終わり / アーサー・C・クラーク

f:id:vanvan1:20200315074213j:plain

SF小説は自分の想像力を拡げてくれるので好きです。

映画と違って、文章から自分の頭の中で想像してビジュアライズするのが良いです。

 

今週は、アーサー・C・クラーク幼年期の終わり」を読みました。

幼年期の終り

幼年期の終り

 

 あらすじ

ハヤカワ文庫より

異星人の宇宙船が地球の主要都市上空に停滞してから五十年。その間、異星人は人類にその姿を見せることなく、見事に地球管理を行なった。だが、多くの謎があった。宇宙人の真の目的は? 人類の未来は?――巨匠が異星人とのファースト・コンタクトによって新たな道を歩みはじめる人類の姿を描きあげた傑作!

 

感想

人間の精神・社会・文化が発達した先にどんなステージが待っているのか、そこに理想や目的はあるのか。

ストーリーとしては、異星人が地球に来て文明が発達してゆくが、その真の狙いは何なのか?というSFらしいものです。

 

その中で人間はどのようは方向に文明を発達させてゆくべきかの葛藤が描写されており、個人的にはその部分が本小説のハイライトでした。

SFらしく想像力を掻き立てる楽しい作品でした。

f:id:vanvan1:20200528062029j:plain
f:id:vanvan1:20200528062026j:plain

 

新着記事