トムブログ

海外営業と趣味を通して、昨日よりも良い今日を探求

MENU

仕事しながら、英語を勉強しよう!【最も効率の良い英語勉強方法】

f:id:vanvan1:20200329074355j:plain

社会人以降の英語学習方法は、仕事で使いながらの学習をおすすめします。

 

仕事をしながら英会話学校に通ったり、自主的に勉強することも可能だと思いますが、仕事で英語を使うほうが圧倒的に効率が良いです。

そして仕事で英語を使った経験は、自分のキャリアの上で大きな付加価値になります。

 

私は学生時代に英語を専攻したり、留学した経験はありません。

ですが社会人になってから、仕事で日常的に英語を使用しています。

そんな自分の経験をもとに、仕事で英語を使うメリットを紹介します。

 

英語に触れる機会を圧倒的に多くできる

一日のうちの多くの時間を費やす仕事中に英語を使うことが、最も効率の良い勉強方法だと思います。

 

仕事に必要なやりとりで、ほぼ全ての語学スキルを磨くことができます。

 

  • 対面・電話での会話=リスニング、スピーキング
  • メールでのやりとり=リーディング、ライティング

 

仕事では対面・電話・メールのやりとりを繰り返しながら、仕事を進めてゆくことが必須だと思います。

それらを全部英語で行えば、多くの時間を英語に費やすことになります。

  

仕事で使用する英語は真剣度が違う

英語を使わないと仕事ができない状況に追い込まれると、必死で英語を覚えるように努力します。

その結果として学習効率がめちゃくちゃ上がります。

 

日本で生活していると、英語を使用する機会はほとんどありません。

英語を使わなくても 普通に生活できる状況下では、よっぽどの強い意思がないと学習意欲が上がらないと思います。

 

そこで仕事に英語を持ち込むことで、英語を学習せざるを得ない状況に自分を追い込むのです。

仕事が進まないと困るので、真剣に英語を学習できるようになります。

 

自分の大きな付加価値になる 専門性 x 英語

英語を実際に仕事で使った経験は、キャリアの上で大きな付加価値になります。

英語と他の専門性を掛け合わせた経験は、他の人と差別化できるポイントになります。

 

正直、英語力単体で大きなアドバンテージになることはあまりないと思います。

通訳のような英語力そのものを専門性としている場合は別ですが、多くの人にとっては英語=専門性ではないと思います。

 

しかし仕事で得た専門性を英語を使用して発揮できるのであれば、それは大きなアドバンテージになります。

 

  • 営業 x 英語=海外営業
  • 人事 x 英語=グローバル企業の人事
  • 技術 x 英語=世界展開メーカーのエンジニア

 

仕事で英語を使うことで、自分独自のキャリア形成にも役立つことになります。

 

まとめ

英語を伸ばしたいなら、英語を使う仕事を選びましょう。

それが最も効率の良い英語勉強方法だと思います。 

f:id:vanvan1:20200528062029j:plain
f:id:vanvan1:20200528062026j:plain

 

新着記事