トムブログ

ビジネス・筋トレ・英語で人生を楽しく生きるためのブログ

MENU

家トレ用ダンベルの選び方!自宅トレーニング歴3年で分かったポイント!

f:id:vanvan1:20200622071849j:plain

私はダンベルを使った自宅トレーニングを3年ほどつづけています。

最適な家トレを求めて、使用するダンベルも様々な種類を試してきました。

 

ダンベルは家トレにおける主役です。

 

主役であるダンベルによって、家トレの効果も大きく変わってきます。

 

どうせ筋トレをやるなら、最小限の時間で最大限の成果を得る。

そんな観点からダンベルを選ぶポイントと、おすすめのダンベルを紹介しています。

 

家トレの効率・効果を最大化するポイントについては、下記記事をご参照ください。

 

 

ダンベルを選ぶポイント

f:id:vanvan1:20200622184304j:plain

ダンベルを選ぶポイントは重量、ダンベルのタイプ、材質です。

順番に解説していきます。

 

重量だけはこだわりたい

重量はもっとも大切なポイントです。

なぜなら重量が足りないと、効果的なトレーニングができないからです。

 

片方30kgはほしい

片方30kgの重量さえあれば、他の要素には目をつむってもOKです。 

もっと軽い重量であれば安いものがありますが、重量は譲らないほうがいいです。

 

レーニング別の重量例

なぜ片方30kgは必要なのか。

レーニング別の重量例を参考にしてみましょう。

 

サイドレイズの場合 = 片方5kg x 20回 x 3セット

肩を鍛えるトレーニングでは高重量より、低重量・高回数が効果的と言われています。

重すぎる重量を扱うと、肩が外れそうになったり、他の筋肉を使ってしまって効果的にトレーニングができなかったりします。

 

デッドリフトの場合 = 片方25kg x 10回 x 3セット

背中や下半身を鍛えるトレーニングは大きい筋肉を使うので、重い重量を扱うことができます。 

大きい筋肉を鍛えたい場合、重い重量でトレーニングをするほうが効率が良いです。

 

下記のような部位を鍛えたい場合は、30kg以上のダンベルを推奨。

 

 BIG3と呼ばれる筋トレの王道種目は大きい筋肉を鍛え、トレーニング効率もいいです。

このような種目を取り組みたいのであれば、30kg以上のダンベルを選びましょう。

 

ダンベルのタイプ

ダンベルはいくつかのタイプに分かれています。

このポイントは金額と使い勝手を加味して、妥協してもいいポイントです。

 

固定式は非推奨 

重量を変更できない固定式ダンベルは止めておきましょう。

先程お話したとおり、トレーニングの種類によって適切な重量は変わってくるからです。

ジムみたいに重量別に固定式ダンベルを揃えられない限りは、非推奨です。

[rakuten:sports-diary:10100892:detail]

 

可変式ダンベ

コストパフォーマンスに優れるため、最初は普通の可変式ダンベルを導入するのがいいかもしれません。

 

ただしトレーニング種類によって使用重量は必ず変わるので、だんだんと重りの付替作業が面倒になってきます。

 

アジャスタブルダンベ

アジャスタブルダンベルは本当に重量変更が楽です。

重量変更の無駄な時間が省けるという点で、時間効率も最高に良いです。

 

ただし高いです。

時間をとるか、お金をとるか。

 

材質

そこまで重要なポイントではないですが、材質も違いがあります。

 

  • ゴム・樹脂=少し値段が高いけど、床や手を傷つけにくい
  • 鉄=少し値段が安いけど、バリが手に刺さったり、床を傷つけやすい

 

そんなに値段が変わらないので、ゴム・樹脂製のダンベルを推奨します。

 

おすすめのダンベル 

いままでお伝えしたポイントをふまえて、おすすめのダンベルを紹介します。

 

とにかく最低限でいいという人むけ!

[rakuten:marketjapan:10000125:detail]

片方30kg以上で可変式あれば、適当に検索した一番安いやつでOKです。

材質はできればゴム・樹脂製がいいですが、それも必須でないです。

 

それなりに長く使いたい人むけ! 

IROTECのダンベルは使いやすくて、質がいいです。

アジャスタブルじゃなくて、ちゃんとした可変式のダンベルが欲しいならコレ。

 

アジャスタブル使ってみたい人むけ!

個人的におすすめのダンベル。

重量も十分で、家トレでしっかり鍛えることができます。

 

ブロックタイプのアジャスタブルが嫌な人むけ!

こちらのアジャスタブルダンベルもいいです。

ちょっとお求めやいですし、ブロックタイプが苦手な方におすすめ。

 

 

その他の家トレおすすめ器具に関しては、下記記事もご参照ください。