トムブログ

ビジネス・筋トレ・英語で人生を楽しく生きるためのブログ

MENU

『時間術大全』要約 今日からあなたも時間術マスター

f:id:vanvan1:20200904144706j:plain

あなたはもっと時間を効率的に使いたいと思っていませんか?

もしそうであれば、『時間術大全』がおすすめです。

時間術大全??人生が本当に変わる「87の時間ワザ」

世の中には、時間を効率的に使うためのテクニックが溢れています。

本書で紹介されている内容は、時間を効率的に使うテクニックというより、時間を有効に使うための考え方です。

 

無理なく、カジュアルに試せる内容なのでとてもおすすめです。

もっと時間を有意義に使いたいのであれば、ぜひ読んでみてください。

 

作者紹介

f:id:vanvan1:20200904144659j:plain

本書はGoogleYouTubeで活躍してきた著者2人によって書かれています。

 

「BOOK著者紹介情報」より

ジェイク・ナップ(Jake Knapp)
著術家、IDEO客員研究員。グーグルで、あらゆる仕事を最速化する仕事術「スプリント(デザインスプリント)」を生み出し、Gmailの改良に生かすなど大きく貢献。その後GV(旧グーグル・ベンチャーズ)のデザインパートナーとして、スプリントをスラックやウーバー、23andMeなどで150回以上にわたり実行し、プロダクト構築を助ける。2017年より現職。現在もレゴ、ニューヨーク・タイムズなどにスプリントをコーチングしている。スプリントは世界中に広まり、国連や大英博物館を含む多くの企業や組織が事業戦略として活用している。著書に世界的ベストセラー『SPRINT 最速仕事術』(ジョン・ゼラツキー、ブレイデン・コウィッツと共著、ダイヤモンド社)がある。

 

ジョン・ゼラツキー(John Zeratsky)
YouTube、グーグルなどのテクノロジー企業で、デザイナーとして「時間」を再設計するミッションに没頭してきた。GVのデザインパートナーを経て、現在は「ウォール・ストリート・ジャーナル」「タイム」「ハーバード・ビジネス・レビュー」「WIRED」他で執筆。ハーバード大学IDEOなどの舞台に100回以上にわたって登壇するなど、スピーカーとしても活躍している。

 

お二方ともに今をときめく企業で活躍してきた超エリートですね。

経歴を見ると難しい内容が書かれていそうですが、時間術の内容は誰でも取り入れらて非常に汎用性があります。

 

内容要約

f:id:vanvan1:20200904144732j:plain

『時間術大全』の内容要約について。

あなたの時間がなくなる原因と対策方法が提示されます。

 

時間はデフォルトで決まる

そもそも、なぜ時間がなくなると感じるのか?

それはデフォルトの設定が原因だと論じられています。

 

時間はどんどんなくなる

そもそも無意識に過ごしていると、どんどん時間はなくなっていくのです。

特に現代は便利なツールが沢山あって、あなたの時間はいくらあっても足りないようになっています。

 

まず現代は「多忙中毒」という状態に陥りやすくなっているという事実。

  • いくらでも舞い込んでくるメール
  • どこにいても会議ができるZOOM
  • 進捗がすぐに確認できるSlack

 放っておくとどんどんやるべき仕事で忙殺されるようになっています。 

 

プライベートでは、「無限の泉」と呼ばれるエンタメが我々の時間を奪ってゆきます。

  • 無意識に見てしまうテレビ
  • 友人の近況が確認できるSNS
  • いくらでも暇つぶしできるゲーム

スマホのアプリを巡回するだけで、何時間でも退屈することはありません。

 

デフォルトの設定が大切

充実した時間を過ごすためにはデフォルトの設定が大切です。

「多忙中毒」や「無限の泉」のような便利なツールを、デフォルト設定のままにしておくと大変なことになります。

 

  • ひっきりなしにくるメール受信メッセージ
  • 毎週びっしり埋められる無駄な会議予定
  • 何百件も溜まってゆくSNSからの通知

 

際限なく連絡・通知がくるデフォルト設定では、いくら時間があっても足りません。

これらの連絡・通知を確認して、対応するだけで毎日が過ぎ去ってしまいます。 

  

生産性、意思力は無駄

生産性を高めて、不屈の意志があれば、問題は解消されるのでしょうか?

残念ながら、いくら生産性を高めて、強靭な意志があっても問題解決にはなりません。

 

いくら生産性を高めても、自分の仕事がなくなることはありません。

今までより早い時間で仕事を終えることができたら、これまでより多い量・さらに高い品質を求められるようになります。

 

またSNSやゲームの開発者が、ユーザーを夢中にさせるために開発したアプリは楽しいに決まっています。

そんな魅力的なコンテンツに対して、意志力だけで誘惑にあらがい続けるのは不可能です。  

 

「メイクタイム」で時間をデザインする

では日々の生活を充実させるためには、どのような時間を使えばいいのか?

それは、自分にとって最も大事なことのために時間をつくることです。

 

あなたは今までこんな経験をしたことはありませんか?

スマホを見ながらダラダラ過ごして、気づいたら深夜になっていた

メール対応していたら、本来やるべき仕事が全然進んでいなかった

ふと考えると、昨日(もしくは今週、今月)何をしていたか思い出せない

時間を奪う要因に主導権を預けて、毎日を無意識に過ごすと時間はどんどん過ぎ去ります。

 

そこで自分の時間を意識的にコントロールしてデザインする、「メイクタイム」という概念を本書では提案しています。

 「メイクタイム」は、いかに自分の時間を奪い・邪魔する要素を遠ざけて、大切なものに集中できるようなデフォルト設定をするかというものです。

 

次の章では、メイクタイムを実践するための4つの要素について説明します。

 

メイクタイムのための4ステップ

時間泥棒を遠ざけて、大事なものに時間を使うための4ステップについて。

 

ハイライト

毎日の最重要事項=ハイライトを選ぶと、前向きで積極的な気分になります。

ハイライトとは、タスクと目標の中間くらいを目指すためのものです。

 

タスクは1〜2時間で行うTo Doを意味します。

タスクにフォーカスを当てると、作業感が強くなって味気なくなります。

目標は1ヶ月〜1年のような長期の方針です。

目標にフォーカスを当てると、ゴールが遠すぎて継続するのが辛くなります。

 

そこで、毎日にちょうどいい目標=ハイライトを設定するのをおすすめします。

近すぎず、遠すぎず、毎日の最重要事項にフォーカスを当てると、日々が充実します。

 

ハイライトを選ぶ基準は下記の3つです。

  • 緊急性
  • 満足感
  • 喜び

あまり深く考えすぎずに、直感で選ぶようにしましょう。

 

レーザー

テクノロジーの利点は活用しつつ、無駄な誘惑をさける仕組づくりが大事です。

気を散らさずに、レーザーのように一点集中することで毎日が充実します。

 

スマホやパソコンのような魅力的なテクノロジーの前では、生産性や意志力をもってしても抵抗することは困難です。

だってYouTubeとかSNSとかゲームとかめっちゃ面白いですからね、本能に抗うことはできません。

 

そのため、デフォルト設定によって気を散らさない仕組みをつくることが大事です。

 

チャージ

いくらハイライトを決めて、レーザーのように集中できる状態になっても、エネルギーがチャージされていない状態では毎日は充実しません。

そのため、ベースとなる身体と精神の充実はとっても大切になります。

 

難しいことは特にせず、しっかりと体をケアしてエネルギーを蓄えることが基本です。

あなたにはバッテリーがあり、しっかり充電されている状態を目指すべきです。

 

  • 健康に良い運動習慣を取り入れているか?
  • 精神的にリラックスできる方法を確立しているか?
  • 睡眠や食事に十分気を使っているか?

 

基本的なことを心がけて、いい状態をつくりましょう。

 

チューニング

寝る前に一日の振り返りを行って、次の日に活かすチューニングを行います。

今日の感想をメモして、改善を繰り返していくことが大切です。

 

ハイライトの出来具合を確認して、レーザー・チャージレベルを毎日振り返る。

そんなに難しく考えず、ざっくり1日の振り返りを習慣にするようにしましょう。

 

  • 今日のハイライトは達成できたか?
  • 今日のレーザー・集中レベルはどうだったか?
  • 今日のチャージレベルはどうたったか?

 

本書では、メイクタイムするための戦術をいくつか紹介してくれています。

ハイライト、レーザー、チャージの戦法を選び・試し・繰り返して自分にとって最適なメイクタイムを目指すのです。

 

戦術や1日の振り返りをチューニングすると、より良い明日を目指すことができます。

 

おすすめの戦法

f:id:vanvan1:20200904144725j:plain

本書で「メイクタイム」を実現するため、87の戦法について言及されています。

その中で私が実際に試してみて、効果的だと感じたものを紹介します。

 

ハイライト

毎日のハイライトを設定することで、日々の生活が充実します。

 

書く

まずはハイライトを書くこと。

一年の目標や将来の夢を書くことが大事とよく言いますよね。

あれと同じ理論です。

頭の中だけでなく、文章化することが大事な気がします。

少し面倒でも、ちゃんと書き出すことをおすすめします。

 

予定に入れる

ハイライトを決めたら、予定に入れましょう。

 

ハイライトを設定したなら、具体的にどの時間で取り組むかも決めてしまいます。

空いた時間で〜とか、余裕があったら〜はダメです。

 

ちゃんと1日のハイライトとして、予定に入れましょう。

 

1日をデザインする

ハイライトを予定に入れたのなら、ついでに1日全体もスケジューリングしましょう。

 

一日をしっかりスケジューリングできれば、主体的に1日を過ごすことができます。

 

スケジュールの方法については、下記の過去記事もご参照ください。

 

レーザー

無駄を省いて、集中力をあげること。

 

気が散らないiPhone、通知をオフにする

スマホは本当に便利ですが、同時に我々の時間を容赦なく奪ってゆきます。 

まずは無駄なアプリを消してしまい、極力通知をオフに設定してしまうことです。

SNSはLINE以外は通知オフにする

ニュースアプリをひとまとめにする

余計なゲームアプリを削除してしまう 

気が散らないデフォルト設定にすると、非常に集中して時間を過ごせます。

 

朝の巡回をやめる、ニュースを放っておく

あなたは朝起きると、まず何をしますか?

とりあえずSNSをチェックしたり、ニュースを見るひとは多いかと思います。

 

この習慣をやめると、時間がけっこう有効に使えます。

SNSとかニュース(特に芸能界のゴシップニュース)のほとんどは、さして重要でなく自分に関わりのない情報がほとんどです。

特に朝のエネルギーたっぷりの状態で、このようなニュースチェックに時間を消費するのは無駄です。

常にチェックする必要はないので、決まった時間にまとめて読むようにしましょう。

 

メールタイムを決める

メールも仕事において非常に便利な反面、多くの時間を奪ってゆきます。

際限なくメールが飛び込んでくるので、全てのメールに目を通して、返信・対応しているだけでもけっこうな時間が消費されます。

 

ただし、あなたの仕事はメールをチェックして返信することでしょうか?

 

本当に大切な仕事に向き合うために、メールチェックする時間を固定しましょう。

別に少々メール返信が遅くなっても問題はありません、本当に重要なことなら電話なりかけてくるはずです。

 

チャージ

エネルギーたっぷりのいい状態で、毎日を過ごしましょう。

 

毎日運動する

そんなにガチガチでなくていいので、できれば毎日少しでも運動しましょう。

 

継続的な運動習慣として、筋トレやランニングがおすすめです。

 

筋トレを習慣化したいなら、下記の過去記事もご参照ください。

  

気軽に瞑想する

難しく考えずに気軽にやってみてください。

気持ちがリラックスして、精神的にとても落ち着きます。

 

瞑想アプリのガイダンス機能が便利なので、ぜひ試してみてください。

 

ヘッドホンを置いていく

音楽をずっと思考停止に聞くのはよくないです。

時には意識的に音楽を聞かない習慣をつくってみてはどうでしょうか?

 

 下記記事は、音楽を聞かない状態をつくるメリットについて考察しています。

 

まとめ

f:id:vanvan1:20200818074320j:plain

以上、『時間術大全』の要約とおすすめの戦法について解説してきました。

とてもおすすめの本なので、ぜひ読んで実践してみてください。