トムブログ

外資系メーカー営業マンのビジネス・キャリアブログ

MENU

毎日慌ただしいあなたにジャーナリングのススメ【すぐに実感できる効果3つ】

3f:id:vanvan1:20210315072051j:plain

あなたは「ジャーナリング」をご存知ですか?

ジャーナリングは感じたことや思ったことを書き出すという、非常にシンプルな作業です。

 

例えば、ジャーナリングに該当するのは下記のようなものです。

  • 日々の記録として日記を書く
  • 忘備録として思いついたことをメモする
  • 自分の考えをノートにザーッと書き出す

 

決まった方法はなく、自分の気持ち・考えを言語化するという部分が共通している点です。

ジャーナリングは「書く瞑想」と言われ、自分自身と向き合うことで様々な効果があります。

 

自分が感じたことや、思ったことを書き出す。

とてもシンプルで簡単に思えますが、不思議と自分の感情や思考が整理されます。

悩んでいる時やアイデアが出ない時、言語化することで前に進めるようになったりします。

 

私もジャーナリングを始めて2年ほど経つのですが、少なからず効果を実感しています。

今回は私自身が実感したジャーナリングで得られる効果についてお伝えします。

 

頭と気持ちがスッキリする

f:id:vanvan1:20210315072102j:plain

ジャーナリングによる効果の一つ目は、頭と気持ちがスッキリすることです。

仕事や人間関係で行き詰まったときに、考えていることを書き出すのは非常に有効です。

まとまらない思考や感情を言語化して書き出すことで、モヤモヤが晴れることがあります。

 

思考が整理される

考えていることを文字に書き出すことで思考が整理されます。

頭の中で考えても上手くまとまらず、堂々巡りになった経験はありませんか?

そんなときにジャーナリングをすると、思考が整理されます。

 

部下との接し方について悩んでいるケース
  • 部下から相談されたとき、指摘が多くなってしまう
  • 指摘せずに話を聞いた方がモチベーションが上がるのは分かっている
  • そもそも自分は部下のモチベーションを上げたいのか、アドバイスをしたいのか
  • 両方とも必要なことだけれど、混ぜると効果が薄れる気がする
  • 相談されたときは小言を言わず、自分が間違いを見つけた時だけアドバイスしよう

 

このように自分の考えていることを、ざーっと書き出すことで考えがまとまります。

 言語化による思考の整理方法については、下記記事もご参照ください。

 

気持ちがはっきりする

考えだけでなく、自分の感情もジャーナリングでクリアになります。

自分がどう感じているかについては、意外と自分自身もはっきりしないものです。

自分の感情と向き合うことで、自分自身の気持ちに気づくことも多々あります。

 

彼女と喧嘩してしまったケース
  • 些細な事で喧嘩になってしまったので、早く仲直りしたい
  • 自分にも落ち度があるので謝る気はあるが、相手にも非があると思っている
  • 仲直りしたいけれど、相手も非を認めて改善して欲しい
  • 一番良くないのはこの状態が続く事なので、自分から謝って早期解決しよう
  • 謝った上で相手にも改善してもらえるように話し合おう

 

このように感情を書き出すと気持ちがはっきりして、精神的に落ち着くことができます。

 

日々の記録を残せる

f:id:vanvan1:20210315072124j:plain

感情や思考の整理とともに、日々の記録を残せる点もジャーナリングのポイントです。

イベントや出来事に対して何を考えたか、どう感じたかを記録に残すことができます。

また設定した目標やゴールに対しての活動・改善記録として使うこともできます。

 

感情や思考の記録を残す

日記のように一日をまとめて振り返ったり、思いついたことを都度メモに書き残したり。

自分が普段考えたり、感じたことを記録して振り返るのは有意義なことです。

 

感情や思考の記録例
  • 仕事で顧客と話していて考えたこと
  • レストランで気持ちのいい接客を受けたこと
  • 子供と話していて、成長したなと感じたこと

 

平凡な毎日のように感じても、記録をつけてみると意外と色んな発見があります。
慌ただしく過ぎる毎日を振り返ることで、自己肯定感を高めることにも繋がります。

 

目標に向けての行動や感想を残す

目標やゴールがある人は、活動記録とともに感想を書き残すのがおすすめです。

行動とセットで感想を記録することで、次の行動計画に反映することができます。

 

目標に向けての行動+感想例
  • ランニングのタイムとともに、爽快度を指数化して記録する
  • 英単語の暗記記録と一緒に、覚えにくい単語の印象を書いておく
  • 筋トレの内容と合わせて、筋肉痛の程度を言語化する

 

活動記録の振り返りは退屈ですが、感想も言語化しておくと振り返りが楽しくなります。

そのときに感じたことを振り返ることで、PDCAサイクルの改善に活かすこともできます。

 

イデアになる

f:id:vanvan1:20210315072120j:plain

ジャーナリングにはアイデアを生み出したり、まとめたりする効果もあります。

思いついたアイデアを書き残したり、考えを書き出すことで思考がまとめたり。

ジャーナリングを習慣化することで、アイデアを日常的にまとめることができるのです。

 

イデアをまとめる

仕事でアイデアが煮詰まったときなどには、ジャーナリングが有効です。

自分の思考を整理して、どの選択をするべきか言語化して客観的に見ることができます。

 

来年の営業方針を決めるとき
  • 来年の営業方針をどのように設定するべきか
  • 力を入れるべき戦略を思いつくだけ書き出す
  • 類似の戦略でまとめたり、優先順位別にまとめる
  • まとめた方針案を同僚と共有して討議する

 

ジャーナリングでアイデアをまとめる作業は、他者と考えを共有するときにも有効です。

客観的に言語化された考えは、他者にとっても理解しやすいというメリットがあります。

  

日々のアイデアメモとして

ジャーナリングが習慣になると、思いついたアイデアを残しておくことができます。

スマホアプリにメモしたり、携帯性の良いメモを持ち歩くのもおすすめです。

 

オススメの携帯メモ

 

オススメのアイデアメモ術 

 

思いついたアイデアを逃さないようにして、知的生産性を高めましょう。 

 

ジャーナリングは誰でもすぐに効果を実感できる

f:id:vanvan1:20210319134318j:plain

忙しい毎日を過ごしていると、時間がどんどん過ぎてゆきます。

ジャーナリングは慌ただしい日々の中で、自分と向き合う時間をもたらします。

 

ジャーナリングで自分と向き合う時間をつくることで、様々な効果をもたらしてくれます。

今回お伝ええしたジャーナリングの効果は下記になります。

  • 頭と気持ちがスッキリする
  • 日々の記録を残せる
  • イデアになる

 

ジャーナルは誰でも気軽に試せる簡単な習慣ですが、その効果は絶大です。

1日たった5分からでも始められますので、興味があれば是非やってみてください。